2014年12月20日土曜日

断捨離の難しさ

男性職員たちが1日かけて倉庫を片付けてくれました。
次々に運び出される「何だこりゃ」というものたち。
開けてみてわかる来し方の思い出です。つまり昭和の時代の遺物たち。

「いるか、いらないか。」
「取っておくのなら、いつ使うのか。」
「何に使うつもりなのか。」

矢継ぎ早に放たれる質問にすぐ答えられることと、られないことがあります。
もしかしたら、使うかも・・・。私だけでは判断できない。
そんなものもあったので2/3は悩まず処分、残りは週明けに判断します。

自分のものなら責任の所在がわかりやすいので判断は簡単ですが、
園の所有物となるとたとえ園長でもスパッと割り切れないこともあるのです。

悩み多き年の瀬。

0 件のコメント:

コメントを投稿